「 マニ 」一覧

北島康介物語

TV、新聞、インターネット、メディアは眠ることを知らない。
「北島康介失踪」のニュースは瞬く間に世界へ広がった。

 
『俺より強い奴に会いに行く』

分かりやすい一文と強烈なインパクトを残し、北島は姿を消した。
街角の驚きの声、胡乱な評論家の憶測、実家への突撃取材。
水を得た魚の如くメディアはイキイキと泳ぎ回り、つられて世間も泳いだ。

「こいつら何もわかっちゃいないな」
真昼間のニュース番組を見ながら北島は吐き捨てる様につぶやいた。
謗りを免れないのはわかっていたが、でっち上げのニュースには反吐が出る。
スポンサーとの衝突? 恋人との不仲? どっからそんな話になんだ。
文字通り強い奴に会いたいだけ。好敵手がいない競技に興味を失っただけだ。
自分の出した世界記録は埃をかぶり、1という数字ににありがたみも達成感も見出せない。
それが嫌になった。楽しくない水泳なんて、水泳じゃない。

画面の中にはでっち上げられた北島が映っている。
ゆらゆら動く水面に映る影。そんな不確定なものを世間は疑わない。
優雅に水中を泳いでいた自分が、気づけばエサに成り下がっているとは。
ハハッ。自嘲にも似た笑いがこみ上げてきた。
それを押し流す様にゴキュッと喉を鳴らし、コーラを一気のみして北島は席を立った。
続きを読む


虫捕り名人

飲食店で食事をしていると、虫が飛んでいることがあります。
虫というのはイメージダウンに繋がり、評判や売上に反映されます。
店側にとっては疫病神となるのです。
ですが虫はどこにでもいるし、小さな隙間からも出入りしてきます。
人間と一緒に入店することもあり、完全にシャットアウトする事は不可能といえるでしょう。

しかし、虫が存在しない飲食店もあります。
正確には、客が気づかぬ間に虫を抹殺しているのです。

その役目を司るのが「アサシン」の異名をもつ虫捕り名人です。
客を装ってる場合もあれば店員自身が虫捕り名人の場合もあります。
稀に椅子の中に入っていることもあるそうです。
(※江戸川乱歩の人間椅子はここからヒントを得て執筆されたといわれている)

 
名人が客に気づかれずに虫をどうやって捕っているのか。
それは機密事項であるためここで触れることはできませんが
たまに「箸でハエを捕まえる」人がメディアで取り上げられることがあるでしょう。
あれも初歩技の一つだと言っておきます。

つまり虫がいない店は虫捕り名人を雇っています。
虫がいないので売上が伸び繁盛する。
繁盛しているから虫捕り名人を雇うことができるという循環システムです。

ここで重要なのが繁盛している全ての店が
虫捕り名人を雇っているわけではないということです。
虫捕り名人を雇うのは繁盛しつつも比較的高級店に多くみられます。
例えばファミレスやファーストフードには虫捕り名人はいません。
少しくらい小さな虫が飛んでいても、さほど客側が気にしないからです。
しかし高級料亭で虫は御法度。
客層も著名人や政界人が多く、”もてなし”の場としても使われるからです。
昔は虫が飛んでいただけで激怒し帰ってしまった人もいたようです。
まさに「虫の居所が悪い」ということでしょう。
今では虫捕り名人の活躍でそのようなことはありませんが。

 
そんな虫捕り名人でも捕まえられない虫がいます。
それは「スーパーバグ」と呼ばれる存在です。
スーパーバグは進化の果て、虫捕り名人の技を全て避ける事が可能になりました。
そんなスーパーバグを捕らえられるのは「スーパー虫捕り名人」だけです。
スーパー虫捕り名人は修行の末、普通の虫もスーパーバグも捕らえることができます。
しかし「ハイパーバグ」だけは捕らえることができません。
ハイパーバグはスーパー虫捕り名人の技を全て避けてしまうからです。
そうなると「虫捕り超人」の出番です。
虫捕り超人にかかればスーパーもハイパーも等しくバグであり捕らえることが可能です。
しかし虫捕り超人でも捕らえられない「ウルトラバグ」がいるとの説もあります。
バグもアサシンも日々進化し続けているのです。

こうして、千年戦争は幕を開けました。


イニシエーター

ゴリラの学名がゴリラゴリラで
ローランドゴリラの学名がゴリラゴリラゴリラであることは有名だ。
となると、マリオの学名はマリオマリオであることから
ローランドマリオの学名はマリオマリオマリオになるはずだ。
という仮説を立てながら自宅へと向かっていると、見知らぬ男性に声をかけられた。

「すいません、手相の勉強をしておりまして、2、3分ほどお時間を……」

巷では手相が流行っているのだろうか?
それとも”3日以内に5人の手相を見ないと不幸になる”といった手紙でも貰ったのか。
きっと彼らの学名はテソウテソウで
ローランドテソウの学名はテソウテソウテソウなのだな、と私は思った。

手相を見せて彼らの生態に迫るのも悪くはないのだが
私は自宅へと急いでいたので、無視を決め込むことにした。
ちなみに私の学名はシカトシカトである。

自宅に着いたら、真っ先に手をキレイキレイした。
その瞬間に私の学名はキレイキレイになった。
そしてネムイネムイと言いながら布団に入った。
その瞬間に私の学名はネムイネムイになった。

薄れ行く意識の中で、テソウテソウの事を考えた。
今度「パンツの勉強をしてるのでパンツを見せてくれ」と頼んでみよう。
私が手相を見せる代わりに、テソウテソウのメスはパンツを見せるのだ。
私はパンツパンツになった。

そして私はクライクライになり
翌朝、ムセイムセイになった。



口裂け男「女性に間違われて不快」……呼称変更へ

 日本都市伝説協会は”口裂け女”という名称は誤解を招くとし、来夏までに新しい呼称を定める方針を発表した。

 先月25日、歌舞伎町にて行われた第108回日本都市伝説シンポジウムの中で「口裂け女という名称は誤解を招く」との議題が持ち上がり物議を醸した。協会員の口裂け男性(32)は、「女性に間違われて不快な思いをした事がある。存在が否定されているようで悔しい」と危機感を募らせると同時に不満をあらわにした。それを受け、日本都市伝説協会は口裂け女の呼称を変更することを決定。新しい呼称については検討中だという。

 案として「口裂け」が最有力候補、他にも「裂け裂け」「クッチー」「ビックリマウス」などの候補が挙がっているという。

 ゲスト参加していた口裂けミュージシャン、朽血咲夫(くち・さけお)は「そもそも僕らは人を襲わない。 襲うのはヒステリックな女性だけ。 故に都市伝説に適用されるのは女性だけなので問題ないのでは? なんて口が裂けても言えないけど(笑)」とお得意の口裂けトークを披露した。


スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告