「 著名人 」一覧

鳥になりたい人

「鳥になって大空を飛びたい」的な歌詞ってあるでしょ? あれなんか違うと思うんだよね。空を飛びたいという願望はいいよ。わかるよ。私も舞空術超練習したもん。でも鳥? 鳥になりたいの? 鳥類希望なの? 手段と目的がごっちゃになってると思うのよ。目的は空を飛ぶことであって、鳥になることじゃないもん。翼をくださいはいいのよ。目的の為に翼という手段を求めてるから論理的。でも鳥? 鳥になったら自分じゃなくなるわけでしょ? それでいいの? 空を飛びたいって歌詞は比喩表現なんでしょ。今の自分に空を飛ぶような強さが欲しいとか、そういうことを歌ってるわけでしょ。あくまで自分を保ちつつプラスアルファを求めてるわけよね。なら鳥になっちゃダメじゃん。鳥になりたい人なんているの?

 
と思ってたんだけど、いたわ、鳥になりたがってる人。
うん。ホリケン。え? そう。ネプチューンの。ホリケン。

続きを読む


九の涙

突如として現れた幽霊に人々は目を奪われた。

幽霊は人間一人に対し一体出現したようであり、全ての人の目の前にそれは現れた。
幽霊は全員同じ顔をしていた。どこかで見たことのある顔だ、と思った人もいたが
いきなり人口が倍になった意味不明な状況を理解できる者はいなかった。
人々は精一杯目を丸くした。通勤中のサラリーマンも買出し中の主婦も、授業中の学生も。

幾億もの幽霊はゆっくりと空へ昇っていった。
同時に聴き覚えのあるメロディが人々の耳に入った。

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように♪

幽霊が歌っていた。
歌いながら幾億ものそれは天に吸い込まれていった。
人々はただ呆然と見守るしかなかった。

 
あっという間の出来事だった。
人々はしばし停止したが、すぐに日常に戻った。
通勤中のサラリーマンは下を向き、携帯ゲームを始めた。
買出し中の主婦は下を向き、携帯電話を操作し始めた。
授業中の学生は下を向き、教科書とにらめっこを始めた。
幾億もの幽霊は下を向き、その光景を俯瞰していた。

幸せは雲の上に 幸せは空の上に♪

幽霊は上を向きながら歌い出した。
その日、世界に雨が降った。


北島康介物語

TV、新聞、インターネット、メディアは眠ることを知らない。
「北島康介失踪」のニュースは瞬く間に世界へ広がった。

 
『俺より強い奴に会いに行く』

分かりやすい一文と強烈なインパクトを残し、北島は姿を消した。
街角の驚きの声、胡乱な評論家の憶測、実家への突撃取材。
水を得た魚の如くメディアはイキイキと泳ぎ回り、つられて世間も泳いだ。

「こいつら何もわかっちゃいないな」
真昼間のニュース番組を見ながら北島は吐き捨てる様につぶやいた。
謗りを免れないのはわかっていたが、でっち上げのニュースには反吐が出る。
スポンサーとの衝突? 恋人との不仲? どっからそんな話になんだ。
文字通り強い奴に会いたいだけ。好敵手がいない競技に興味を失っただけだ。
自分の出した世界記録は埃をかぶり、1という数字ににありがたみも達成感も見出せない。
それが嫌になった。楽しくない水泳なんて、水泳じゃない。

画面の中にはでっち上げられた北島が映っている。
ゆらゆら動く水面に映る影。そんな不確定なものを世間は疑わない。
優雅に水中を泳いでいた自分が、気づけばエサに成り下がっているとは。
ハハッ。自嘲にも似た笑いがこみ上げてきた。
それを押し流す様にゴキュッと喉を鳴らし、コーラを一気のみして北島は席を立った。
続きを読む


スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告