「 創作 」一覧

秘密

父親が働いてる姿を見たことがあるだろうか?
自営業ならまだしも、一般的なサラリーマンなら大半の人は見たことがないと思う。
僕だってそうで、父が会社で何をしているか知らない。
どんな仕事なのか、どんな態度なのか、昼休みに何をしてるのか、義理で配られるバレンタインチョコをどんな顔で受け取るのか、何一つ知らない。興味もなかった。
家族とはいえ知らないことは多く、家族だからこそ無関心だった。
続きを読む


結成秘話

甘いマスクの男

一人の眉目秀麗な青年がいました。
女性は誰でも彼に好意をよせるだろうと思わせる端正な目鼻立ちでありましたが
誰も彼を相手にしようとはしませんでした。
彼は常に仮面をつけていたからです。

ある時、彼は仮面を外して街を歩いてみました。
仮面を外しても、いつもと同じように誰も彼を相手にしようとはしません。
それが彼の素顔だと誰も思わなかったからです。
彼はその反応をみて小躍りしました。

それから彼が仮面をつけることはありませんでした。
自分と同じ顔の仮面は今でも部屋の隅に飾っています。

続きを読む


名前記念日

メゾン・ド・レミ~101号室~

 
缶ビール6缶パックを片手に部屋を出た。
相模原君に貸している「サラダ記念日」を返してもらう。
という名目で、一緒に飲む算段だ。(家で飲むと妻がうるさいからね)
続きを読む


普通が一番

メゾン・ド・レミ~204号室~

 
この体質で得をした覚えなんてない。
夜道で追いかけられたり、寝てるとき上にのしかかられたり、どちらかといえば迷惑してる。
普通が一番なんていうけど、まさにそうだと思うんだよね。普通が一番!
続きを読む


花岡さんの恋愛五箇条

メゾン・ド・レミ~303号室~

 
今のわたしには武器が必要だ。
素手は無理、新聞はとってない、スプレーは自分が吸い込んでしまいそうでイヤ。
となると、やっぱりアレしかないわね。

ハンマー。

ふふふ、申し分のない殺傷力。
わたしは上段の構えをとり、壁に張り付いている虫に向って振り下ろした。
続きを読む


スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告