ゴロゴロ女の一日

おっはよう私!
もうお昼だけど。

シャーッ!
心地よい音を立ててカーテンを開ける私。

雨。

めっちゃ雨。

長崎は今日も雨だった。

ここは関東。

う~ん……フテ寝!
ごろごろ。



二度目のおっはよう私!
わりと世間的に夕方だけど。

お腹すいた。

おーなかすいたぁー。

パチンッ。ヘイッ!
指を鳴らしてみるけどボーイは来ない。
仕方ない。冷蔵庫から牛乳を取り出して飲む。
ごくごく。

後から気づいたけど賞味期限5日過ぎてた。
あちゃー! どんまいどんまい! 次があるよ! 次が!


キー……

キー……


窓から聴こえる不快音。
え? なに? もしかしてボーイ?

シャーッ!
心地よい音を立ててカーテンを開ける私2nd。
カーテン開け選手権があればジャパン代表とうわさの私。


猫と目が合う私。


キャット!


どうしたお前ー。びしょ濡れじゃん。
なになに? 私の城に入りたいのか? いいけどこの城クサイよ?

ガラガラガラ。
窓を開けてキャットを迎え入れる私。
猫って食えるのかなぁー。


ぶるぶるぶるっ。


あ、お前今震えたね?
寒いの? それとも私が怖いの? もしかしてクサイの?

とりあえずタオルタオル。
……と思ったけどごめん、最近洗濯してなくてさぁータオル無いわ。

部屋に干してあったパンツで猫を拭いてあげる私。
どうだ! 嬉しいだろこのやろう! ん? お前ヤロウか? オスなのか?


チェーック!


お、ついとるついとる。
やっぱ野郎じゃないかお前! この野郎!

名前どうしよっかー。
野郎だしなぁー。

野郎。

野郎。

五郎。

けってい! カッコイイぞ!
あ、ちょっとパンツ噛むのはやめて。
めっ! 五郎めっ! パンツ! 五郎! パンツ !五郎パンツ! めっ! パンティー。


ゴロゴロ。

ごめん五郎、ちょっと一人で遊んでて。
急にストマックエイクが猛威をふるってきた。

うぅ。

うぅーっ!生まれるー!
生まれたー!未熟児ー!


スッキリ。


聞いて五郎。
ここに今まで貯めたトイレットパーパーの芯が9つあります。
そして、今使いきったトイレットペーパーの芯が1つあります。
足すと何個あるでしょうか!


にゃー。


正解!


そう10個あるわけ。
芯が10個あるわけ。
となると、やることは一つ。そう、いつだってやることは一つ!


ボウリングしようぜ!


10個の芯を並べる私。
でんぐり返しで突進する私。

いっけぇー!

ごろごろごろ。


ガンッ。


いってぇー!

なんで冷蔵庫にストライクするの?
でんぐり返しって横にそれるもんなの?

新発見!

じゃあ芯から斜めの位置でスタートすりゃいいわけね。
よーし! いっくぞぉー!


カコーン! ストラーッイク! 五郎がー!


こらー! お前なに勝手にタックルしてんだー!
でんぐり返しじゃないと反則だぞー!
でもそれ楽しそうだなー! 私も混ぜろー!


並べた芯に向ってタックルする五郎と私。


カコーン!

ストラーッイク!

カコーン!

ストラーッイク!

カコーン!

ストラーッイク!


芯がどっかいきました。
と思ったら私の下でペシャンコに。

芯発見!

あーあーもうボウリングできねーや。
まぁいいか。楽しかったね五郎。

……五郎?

五郎がどっかいきました。
と思ったら私の下で。



にゃぁー。


キャット!



ごめんごめん。
でも私軽いから大丈夫だったっしょ?
そうそう、頭が軽いって誰がやねーん!


ゴロゴロゴロ。

ビッシャーーン!!


ひゃぁー! カミナリサマがお怒りにー!
知ってるか五郎。カミナリサマはおへそを取っちゃうんだぞ。

にゃぁー。

五郎! そこは「へぇーそぉー」って言うとこだろ!
でもさ、別におへそって無くてもよくない? あんまし困らないよね。

ねやぁー。

ねやぁー?
なにその鳴き声。



ブツッ。



あ、停電。
てーへんだぁー! てーでんだぁー!
ロウソクロウソク。

ロウソクに火をつける私。
おぉー! なんかカッコイー!

もう一個つけよう! カッコイー!
もう一個つけよう! カッコイー!
もう一個つけよう! カッコイー!



気づいたら10本のロウソクに囲まれる私。




ボウリングしようぜ!




んー? どーした五郎? さっきから隅っこでおとなしくして。
あ、火が怖い? やっぱお前もケモノだなー! 小心者めー!

大丈夫。怖くないよ。
私の胸に飛び込んでおいで!

にゃぁー。

飛び込んでくる五郎を避ける私。
あやうく焼身の五郎。そして傷心の五郎。


……めんごっ!


五郎に歩みよる私。
五郎を抱きかかえる私。

ごめんごめん。
お前あったかいなー。

うわっ! ロウソクで出来たお前の影怖っ!
ケモノの影って怖いよなー。でも触ってみるとこんなにあったかい。
人は見かけによらないってホントだね五郎! 人っていうか猫!


……お前今、胸触ったな?



ケダモノッ!



そろそろ寝るかー。
ごろごろ。五郎五郎。
んー? お腹すいたー? 奇遇だね。私も。

まぁ、明日でいいんじゃん?

おやすみ私。おやすみ五郎。
明日は晴れるといいなー。

スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告

シェアする

フォローする