叶わぬ願い

こんなことを言うと怒られるかもしれないけど、どうして君が僕と一緒になったのか今でもわからない。
僕は決して良い夫ではなかったし、本当に君が幸せだったのか自信だってもてないようなやつだよ。
うだつも風采も上がらない僕のどこが良かったの?

僕はいつも冗談ばかり言うダメなやつで、反対に君はしっかり者で、周囲にもそれをからかわれたね。
それに僕には持病があったし、君はいつだって健康だった。
だからね、先に逝くのは絶対に僕の方だって思っていたんだけどな。

りんごの皮を剥く君に「手先が器用だね」って褒めたら、「あなたのせいよ」って。
あの皮肉も、もう聞けないと思うと、もっと色々褒めておけば良かったなって思うよ。

君は死んでしまってからも僕を驚かせるね。
どうやって僕にバレずにこんなに貯めこんだの?
生きていたら、君はやっぱり皮肉で返したかな。
稼ぎが少ない中で、君がこれほどやりくりしていたなんて、死んでしまった後になってようやく気付く。
本当に僕はダメなやつだね。

ダメな僕が持っていると使ってしまうから、君はこっそり貯めていてくれたんだね。
君か僕……どちらかが一人になったとき、大丈夫なようにって。
もう決して叶うことはないけれど……僕は願ってしまうよ。

一度でいいから見てみたい。女房がヘソクリ隠すとこ。歌丸です。

スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告

シェアする

フォローする