お星様にお名前を

寝苦しい夜。
ふわふわのベッドの中、少女が目を開けると優しい笑みを浮かべた祖父が映った。

「眠れないのかい」
「おじいちゃん、なにかお話して」
「そうじゃなぁ……こんなのはどうじゃ」

祖父は語り始めた。
続きを読む


理想的ゾンビちゃん

人は何かに追いかけられて生きている。
追いつかれないために逃げる。

犬に追いかけられて高いところへ逃げたり
国家機関に追いかけられて海外へ逃げたり
過去に追いかけられて未来へ逃げたり。

かくいう俺も、今まさに追いかけられている最中だ。
相手はドジでノロマな女の子。羨ましいだろ?まぁ、ただ、ゾンビなんだけどね。
どうやら彼女は俺に一目ぼれしたらしい。毎日飽きもせず俺の後を追ってくる。
しかし追いつかれることは無い。ゾンビというのは動きが遅い。
だらしなく両手を前に突き出し、一歩一歩を踏みしめて歩く。決して走りはしない。
ゲームなんかでは素早いゾンビが出てきたりするが、あれは邪道だ。
ノロマであってこそのゾンビ。ジリジリ追い詰められてこその恐怖だ。

その点、彼女は理想のゾンビである。
ドジでノロマで単細胞。しかし確実に足跡を辿ってくる。
一歩一歩を大切に。人も少しはゾンビを見習うべきだろう。
彼女のことは嫌いではない。むしろ好感を抱いている。
しかし、自分の命も大切なので捕まるわけにはいかない。
近づかれると逃げなきゃいけないから不便もあるけど、今の状況を結構楽しんでいる。
睡眠不足は少しやっかいだけどね。ふぁ~あ。

俺は彼女に追いかけられている。
彼女もまた、何かに追いかけられて生きているのだろうか。そもそも生きているのだろうか。
俺も何かを追いかけているのだろうか。追って追われて世界は円になっているのだろうか。
それなら自分は世界の一部として上手く機能しているのだろう。こんなにも目に見える形で。

では、彼女がいなくなったら?彼女に追われなくなったら?
自分は世界の理から追い出されてしまうのではないか?
そう思うと彼女が愛おしくてたまらない。でも触れることはできない。
いつまでもこの関係が続けばいい。追って、追われて、No zombi, No life!

終わりはいつも突然に。
「ロミオとジュリエット効果」って知ってるかい?
障害があるほど恋は燃えるというやつだ。
目的達成意欲を高めるあまり、彼女は思わぬ行動にでた。

 
走ったのだ。
 

俺の方が走るのは速いが、彼女のスタミナは無限。
だから今こうして噛み付かれてるわけなんだけど。あ、痛い。
複雑な心境だ。理想のゾンビ像を崩された不快感と、彼女と抱き合えた喜び。
まぁ、いいか。これから俺もゾンビになるのだろう。そして誰かを追いかけるのだろう。
それならきっと世界の理から追い出されたりしないさ。

薄れ行く意識の中で、彼女の足を見た。
NIKE FREE RUN+を履いていた。
あぁ、そりゃぁ、走りたくなっちゃうよなぁ……。
 
 
──ゾンビも思わず走り出す、NIKE FREE RUN+──
 
 
っていうCMを考えたんですけど、どうですかNIKEさーん!
実はゾンビちゃんは男の靴を狙っていた、という別バージョンもありますよー!

 
 


ドアノブに似ているものランキング

cdtv

「「「こんばんわー!」」」

「この春で17周年を迎えるカウントダウンTVでーす」

「今夜はマニさん家のドアノブに似ているものランキングをおとどけするわよー」

「どれも強豪揃いでまったく先が読めない展開になってるよぉう!」

「それでは5位から1位まで、カウントーダウン!」

 
 
 
door
※マニさん家のドアノブ(左90度回転)
続きを読む


前門の虎、後門の狼

はぁはぁ……
くそっ、追いつかれる!

 
「もう逃げられないよ」
猛虎拳伝承者、虎次郎!

「おっと、後ろにもいるぜぇ」
野獣流師範代、狼牙!

「前門の虎、後門の狼ってところか……さぁどうする?閃光丸」

前後がダメなら……左右があらぁ!

「そうはいきませんよ」
蛇毒術創始者、蛇々丸!

「絶対にぃ、通さないですぅ!」
ムチムチボイン、ホルスタイン乳子!

「前門の虎、後門の狼、左門の蛇、右門の牛ってところか……さぁどうする?閃光丸」

前後左右がダメなら……上下があらぁ!

「させぬ」
飛翔空隊、ハヤブサ隊長!

「モキューン☆」
地底獣、モグリン!

里の猛者が勢ぞろいたぁ……まいったね。
前門の虎、後門の狼、左門の蛇、右門の牛、上門の隼、下門の土竜か。

「閃光丸、大人しく盗んだ秘伝の書を渡せ!そうすれば命まではとらん」

ふん、甘く見られたものだ。
我が名は閃光丸! 我が進む方向が道となり光となるのだ!

「玉砕覚悟か……面白い! さぁどこへ進む、閃光丸よ!」

 
 
 
 
[問1]
あなたが閃光丸だった場合、前後左右上下どこへ進みますか?

[問2]
その理由を答えなさい。

 
「……教授、なんすかこれ」
「意識調査の一環だ」
「ちなみに教授ならどこですか?」
「無論、ホルスタインだ」


私の頭の中のポジティブ

ピピピピッ ピピピピッ

う~ん……あと5分……
(大丈夫! 起きれる! 君なら起きれる! 自分を信じろ!)
わかったって……ふぁ~あ。

目覚めは最悪。身体が重い。
顔を洗う。ひどい顔。肌荒れ目のくま冴えない表情。
生きてるのかなこれ? ハハッ笑えない。

朝のお通じ。こちらも最悪。出が悪い。
(大丈夫! 出せる! 君なら出せる!)
応援されたって便秘は治んないってーの。
(さぁ出る! 出る! 出るぞ! 出る!)
出ない出ない。
(出る! 出る! 出る! 出る!)
うるさい。出ない。出ない出ない出ない。
(出る! 出る! そろそろ! 出る時間!)
出ない出ない……ってキャー! もう出なきゃー! 遅刻ー!

仕事も最悪。何もうまくいかない。
(諦めんな! 諦めんなよお前! もう少し頑張ってみろよ!)
わかってるようるさいな!
(焦らなくていい! 焦らなくていいんだ! 一つずつ一つずつ!)
うるさいって!
(思うようにいかないこともある! でもそこで頑張れば絶対必ずチャンスが来る!)
「工藤君、この書類だが」
「うるさーーーーーい!!!」
「コホンッ、うるさい? それは私のことかな?」
「あ、いえ」

こってり絞られた。
全部修造のせいだ。

 
 
私の頭の中には松岡修造が住んでいる。

続きを読む


スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告