ふたりの文通

最初の手紙? もちろん覚えてるよ。
目覚めるとテーブルの上にノートが開かれて置いてあったんだ。
そこには『あなたと話がしたい』とだけ書かれてあった。
続きを読む



逆鱗

海岸近くの樹に寄りかかり読書をしていた。
穏やかな風と波音が心地よく、うたた寝をしてしまった。
数分、だろうか。地の震えを感じ目を覚ますと、人影が私の上に落ちている。
覚えていない夢の余韻を引きずりながら、私は人影の主を見た。
美しい女性が立っていた。
続きを読む


龍の選択

「パンツが、消えちゃった……」

 
その日は暑くも寒くもなく、晴れでも雨でもなく、店内で流れている曲は良い曲でも悪い曲でもなく、しかしながら僕の隣にいる彼女は汗を滲ませ、今にも降り出しそうな苦悩の表情を浮かべながら、両手で耳をかるく塞いでうつむいている。

穿いていたパンツが突如として消失した。
彼女の話を端的にいうと、そういうことらしい。
からかっているわけでも、嘘をついているわけでもないのは彼女を見れば一目瞭然だった。

彼女が突然ファミレスへ入ろうと言い出したのが30分前。
入店後すぐに化粧室へ飛び込んでいったのが25分前。
苦悩の表情で席に戻り、冒頭のセリフを告げたのが3分前。
彼女が泣いたこと、泣いて落ちた化粧を直したことに僕が気付いたのもやはり3分前だった。

「穿いてたんだよ、絶対。それが歩いてたら急に変な感じがして、トイレで確認したらやっぱりなくて……ごめんマジ意味わかんないね。あたしも意味わかんない。意味わかんない……」

彼女のパンツが突然消失した時、なんと声をかければいいのだろう。
きっとどの雑誌や教科書にも載ってなくて、セオリーや文化もない。
それならば、僕は僕の言葉で何かを言ってあげなくては、と思った。

「神隠しにあったなら、神様しか隠し場所を知らないよ。今度、神様に聞いておくから、今日は新しい下着を買いに行こう」

気の利いたセリフは言えないけれど
天気を変えることは出来ないけれど
彼女の表情なら、少しは変えることが出来た。

 
彼女のパンツがどうなったのかはわからない。
彼女の勘違いかもしれないし、本当に神隠しなのかもしれない。
僕らには、それを突き止める術も必要もない。

謎があるなら、謎をかすがいにしよう。

いつもより少し強く繋いだ手の中に、僕は謎や希望を詰め込んだ。

 
 
 
…………
………
……

 
 
 
──その頃、地球某所──

「どんな願いも一つだけ叶えてやろう」

「ギャルのパンティーおくれーーーーっ!!!!!」



スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告