妖怪ビフォーアフター

Amazonプライムビデオで「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」を観ました。
「西洋妖怪に鬼太郎軍団がボッコボコにされて最後は奇跡的に勝つ」という内容でした。

一週間後、「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急!まぼろしの汽車」を観ました。
「西洋妖怪に鬼太郎軍団がボッコボコにされて最後は奇跡的に勝つ」という内容でした。


一緒じゃん!

敵キャラも狼男、魔女、フランケンなど同じメンツです。
しかし、お互いに面識はなさそう。なぜ?

妖怪大戦争(以下、大戦争)は1986年。
まぼろしの汽車(以下、まぼろし)は1997年の映画らしい。
11年も経てばお互い忘れてしまうのでしょうか。

二つを比べてみました。

狼男

kitaro-ookamiotoko

大戦争 :手下の狼を自在に操り攻撃。
まぼろし:自ら突進。

弱体化。
まぼろしでは砂かけババアに砂をかけられて怯む場面が二度もある。

魔女

kitaro-majo

大戦争 :鎌。
まぼろし:爪。

まぼろしでは「ねずみ男に求愛する痴女」になっている。
観てる子供達はいったい何を思う。

フランケン

kitaro-frankenstein

大戦争 :キメ顔。
まぼろし:ミルクジャンキー。

まぼろしではなぜかミルクを大量に飲んでいる。
大戦争では虫が苦手だったり、どことなく可愛い要素を入れてくる。

吸血鬼

kitaro-dracula

大戦争 :ドーピング前。
まぼろし:ドーピング後。

大戦争ではバックベアードという目玉の親父の親戚みたいなやつが大将だったんですが
まぼろしでは吸血鬼が大将です。顔つきが劇的に凛々しくなりましたね!
ちなみに大戦争ではドラキュラですが、まぼろしでは吸血鬼になっていました。
ドラキュラは個人名、吸血鬼は種族名ということから察するに
種族は同じでも違う個体! だから初対面! ということなのではないでしょうか。
どうでもいいですね!



ここまで敵キャラの変化を見てきましたが、味方の変化も凄まじい。
中でも一番はぬりかべです。
まぼろしではOPED以外出てきません。パッケージにはいるのに!
汽車の中で戦うのに邪魔だったんでしょうか。


tasuke
子泣き爺「こりゃー、我々だけじゃ無理じゃぁー。日本中の妖怪の助けを借りんと」


ぬりかべはっ?!


あと、まぼろしでは要所要所で技名を叫ぶようになっており
砂かけババアが「砂かけ!」って言って砂かけるのが一番の見どころです。

こんなに真剣に紹介しといてなんですが、つまらないので観ないほうがいいです。
妻に妖怪大戦争を勧めたら途中で寝てました。眠れない夜にどうぞ。


ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急!まぼろしの汽車

スポンサーリンク
マニッキ広告
マニッキ広告

シェアする

フォローする